So-net無料ブログ作成

海南鶏飯 [その他]

海南鶏飯というと、チキンを茹でたスープでご飯を炊く、というのが
一般的な作り方みたいですが、レシピを検索していて
炊飯器でお肉とご飯を同時に調理してしまうレシピを見つけたので
これはお手軽!と試してみました。

元のレシピでは普通のお米、鶏もも肉使用の所を
たまたまうちにあったバスマティ米と鶏胸肉でやってみました。

IMG_2863.JPG
出来た~! 簡単!!

本当は庭で育てているパクチーをたっぷり乗せたかったのだけど
ちょっと見ないうちに虫にやられてしまっていたので、小葱で青味増量。

タレは醤油+ナンプラーにみじん切りニンニクと粉唐辛子(生はなく、鷹の爪も切らしてた)
をまぜたものと、スイートチリソースの2種類を添えました。(写真撮り忘れ)

お米はふわふわっと美味しく出来たのですが
やっぱりお肉はちょっとパサつき気味で、ちゃんと茹でて作るか
またはレシピ通りにもも肉を使った方が良かったのかも。
でも胸肉あっさりしていて美味しかったけどね。

やっぱりアジア飯は旨い!!




<おまけ>

Sが去年の10月から通っているサッカースクールに
Kも今年の4月から通う事になり、少し前に背番号のついたユニフォームが
出来上がってきたので並んで写真を撮ってみました。

IMG_2860a.jpg
同じスクールに通うと言っても学年が違うと曜日も時間も違うので
一緒に撮るため、Kにわざわざ着替えだけしてもらったのでした(笑)

2人とも、頑張って練習しています。


グリーンピースのサラダ [レシピ]

先月の事になってしまいますが、近所のお友達が
実家からたくさん送られてきたからと、採れたてサヤ付きの
グリーンピースをおすそ分けしてくれました♪

実は私、子供の頃一番嫌いな野菜がグリーンピースでした。
大人になってからは普通に食べられるようになりましたが
昔はシュウマイの上にちょこんと乗っているのは勿論、
炒飯なんかに入ってるのも全部チマチマ除けていたくらい(笑)
なので、食べられるようになってからもなんとな〜く苦手意識が残っていて
サヤ付きのを自分で買ったのって記憶している限り一度だけ。
その時は、豆ごはんを子供に食べさせようと思って作ってみたのですが
イマイチ評判が良くなくて、まー私も子供の頃は嫌いだったもんなーとそれっきりでした。

というわけで当然レシピもあまり知らず。
上手な茹で方からまずはネット検索です。

サヤから出した豆を沸騰したお湯に入れてサッと茹で、
そのままゆで汁ごと冷ますとシワにならないのだそう。

そして茹でただけの豆をちょっと味見すると、
んっ??
新鮮なグリーンピースってこんな、プチッというか、プツッとした食感だったんだ!
昔苦手だった豆臭さというか、青臭い感じは全くなく、ほのかに甘くて
オイシーーー!
ってまさか自分がグリーンピースを美味しいと思う日が来るとは!

とりあえずは茹でて料理の彩り的に使ったり、豆ごはんリベンジしてみよかな、などと
安易に考えていたのですが、それじゃもったいない。
コレはこのままワシワシ食べられるレシピで行くべし!

てなわけで、グリーンピースだけサラダにしてみました。
塩コショウ、レモン汁、オリーブオイル、
ミント、コリアンダー、イタリアンパセリ、ニンニクみじん切り、と和えるだけ。

IMG_2737.JPG
つやっつやのグリーンがきれい〜

レシピのネタ元は前にネットで見かけた、レンズ豆だったかヒヨコ豆だったかを使う
中東方面のレシピ、だったような。スイマセン記憶が怪しくて。

見た目も味も爽やか〜な初夏のサラダになりました。

Yさん、ごちそうさま〜♪♪









2013 GW シンガポール Part8 [旅]

シンガポール4日目、最終日です。

この日はフライトが8:10だったので、前日のうちに
5:00のモーニングコールと5:45のタクシー手配をお願いしておきました。
朝食はマレーシアの時同様、パックしてくれるとの事でしたが
空港で何か食べようと思ったので頼みませんでした。

チェックアウトしてタクシーで空港へ向かい、荷物を預けて
フードコートで朝食を兼ねて一休み。

IMG_2713.JPG
母とシェアして食べた海南鶏飯(ハイナンチーファン)
これもチリクラブと並んでシンガポールの代表的な料理とされているチキンライスです
あっさりしててサラッと食べられました

IMG_2714.JPG
ダンナが買ってきた和え麺的なもの (名前は不明)
つみれっぽい物と、モツ系の肉が乗っていました

ちなみに写真はありませんが子供達はマクドナルド(^^;;

そしてそろそろゲートに向かおうとしたところでプチトラブル発生!
明治屋で買ったハチミツ(プラスチック容器入り 500g)を手荷物にいれていたのが
機内に持ち込める液体は100mlまで、というのに引っかかり、
処分するか、100mlずつ別容器に小分けするか、と言われてしまいました。
小分けって言ったって、今から容器を探して買ってきて
ベタベタのハチミツを詰め替えて、なんてどう考えても現実的じゃないよ〜!

ダメもとで他に方法はないのか聞いてみたら、英語が通じないのかと思われて
上司っぽいおじさんを呼んで来てくれたので
状況はわかったけど何か他にできる事はないのか、ともう一度聞くと
子連れ ババ連れでかわいそうに思ったのか(笑)
その場でガッチリ梱包して預け入れ荷物に回してくれました。
良かったぁ〜!
おじさん、ありがとうございました!!


その後は特に何事もなく、無事帰国。
母は成田エクスプレスで帰って行きました。
たまたま、別の用事で父が翌日ウチに車で来る事になっていたので
母の荷物は我々が預かり、身軽で帰れたので少しは楽だったかな?
お疲れ〜!
楽しかったね、また行こうね!

我々は車で、特に渋滞もなくスムーズに帰宅。
途中コンビニで夕飯用にお弁当を買って18:00過ぎに到着しました。

はー、盛り沢山で疲れはしたけど、そこは火事場の馬鹿力ならぬ、
旅先の馬鹿行動力(そんな言葉ないって)で、なんだかんだ楽しんで来た旅でした。
もう少し時間に余裕があったらもっと良かったけどね。

というわけで、シンガポール旅行記はこれにて終了です。
長々お付き合い下さりありがとうございました!



<おまけ>

ホテル敷地内にあった特別天然記念樹(Heritage Tree)

IMG_2665a.jpg
樹齢推定100年のアンサナ(Angsana)という木だそう


<おまけ その2>

IMG_2725.JPG
クラークキーの明治屋でお土産に買ったカヤジャム
ココナツと卵、パンダンリーフというハーブなどで作ったジャムだそうです

IMG_2731.JPG
トーストにバターと共に塗ってみました
ココナツの味はあまりわからないけど、エッグタルトみたいな卵っぽさと
多分パンダンリーフの風味?かな?と思われるちょっと香ばし甘いような香りがあり
なかなか美味しいです















2013 GW シンガポール Part7 [旅]

クラークキーにあるレストラン、JUMBOでの夕食。

ここは、今までに仕事で2回シンガポールを訪れた事のあるダンナお勧めの、
チリクラブが有名なシーフードレストランです。
いくつか店舗があって、クラークキーにも2店舗あるのですが
昼に予約をした時、もう1店舗の方はもう予約が取れない状況でした。
すごい人気店なんですね~!

IMG_2701.JPG
写真は食べ終わって出てきた時に撮ったもの

店に着いて、奥の円卓に案内されたのですが
周りのテーブルを見ると、み~んなやっぱりチリクラブを頼んでいるようでした。
さすが有名店!
スケジュールや予約に関しては一切我々任せの母もそれを見て
あの土鍋みたいのに入ってる料理が美味しそうね、
とか目ざとくチェックしておりました(笑)
そう、それを食べに来たんだよ〜!

そして注文は

IMG_2690.JPG
そのチリクラブ!
シンガポール料理といえばコレ!だそうですよ

IMG_2689.JPG
ドラゴンフルーツとロブスターのマヨネーズ(中央)、クラゲの冷菜(手前)

IMG_2691.JPG
香港焼きそば(左)、ホタテとアスパラ炒め(右)←ほとんど食べちゃった後で失礼

IMG_2692.JPG
サテ(中央)、ニンニクとジャコの炒飯(右上)

IMG_2695.JPG
デザート: シーココナッツのナントカ(名前忘れ)

IMG_2697.JPG
デザート: フルーツポンチ(?)マンゴーピュレ(これも名前忘れ)


サテが、我々にはちょっと甘過ぎた以外はどれも美味しくて皆大満足♪
チリクラブ、カニの身もしっかり詰まっているし
ソースは辛過ぎずマイルドなお味で、美味しい~!
ソースの量もたっぷりなのでそれをあっさり目だった炒飯にかけたり
サテに付いてきた野菜につけたりして残さず平らげました。
揚げパンなどを別に頼んでソースをつけて楽しむのもポピュラーらしいのですが
その時は知らなかったので・・・。
でも多分それをやったらそれだけでお腹いっぱいになっちゃいそうだけどね。
後はもちろんビールや紹興酒も頼んで満喫してまいりました。

食後は夜風に吹かれながらリバーサイドをまたブラブラして
タクシーでホテルに帰りました。

と思いきや。
ここまで来て、シンガポールスリングを飲んでいなかった事に気がついてしまい、
せっかくだからと一杯だけ、その時近くにあったwingというバーのテラス席で飲んできました。
疲れてるのに付き合わせちゃった子供達、ママ、ごめんね(笑)

IMG_2705a.jpg
サッパリしていて美味しかった♪
ちなみにダンナと母はグラス赤ワイン、子供達はミネラルウォーター


IMG_2702.JPG
夜のクラークキー まさに不夜城です


ホテルに帰ったのが9時ごろだったかな。
翌日は早朝チェックアウトの予定だったので荷作りして早めに寝ました。


次回、いよいよ最終日です!



2013 GW シンガポール Part6 [旅]

シンガポール3日目の午後。

アラブストリートでは、ショールが安いとの事前情報を入手していたので
最初に目に入ったショール屋さん(というのだろうか)で母とあれこれ物色。
店先に出してあるのは2枚で10S$とかで、ホントに安い~。
(1S$≒¥80)
自分用とお土産用に買って来ました。

IMG_2680.JPG
通りはこんな感じ

私と母が買い物している間、ダンナは通りの向かいにあるカフェだかバーだか
(と思ったらどうやらユースホステルだったみたいですが)のテラスで子供達と休憩していました。
ビールと間違えてシードルを頼んでいて、飲んでも気づいてなかったのには笑っちゃったよ。
(メニューからではなく現物を、コレ下さいって頼んだみたい)
よく見ればラベルに書いてあるのに、見てなかったらしい。
やけにフルーティなビールだなと(笑)

IMG_2678a.jpg
休憩中~

それからさらに私と母はそこから近くの香水屋さん、
Jamal Kazura Aromatics(ジャマル カズラ アロマティックス)で
香水のミニボトル(1個10S$)をお買い上げ。
ここも事前web調査でぜひ行きたいと思っていた有名なお店です。
お土産に喜ばれそうなキレイな香水瓶も沢山並んでいました。

IMG_2681.JPG IMG_2679a.jpg
左: 角にある小さなお店です
右: 香水を詰め替える日本語ペラペラお兄さん
※写真撮影は許可を頂いたのですが、ブログに掲載していいか聞き忘れたので
 一応お顔は隠させてもらいました

IMG_2728.JPG
ちっちゃいボトルだけど、コロコロになっていて(ロールオンタイプというのか?)便利です

あとはもしスパイス屋さんとかあったらぜひアラビアンなミックススパイスとか
欲しいなぁ、と思っていたのですが、ざっとこの辺りを見渡した限りではわかりませんでした。
もっとちゃんと調べておくんだった・・・。

でもまぁ、アラブストリートでのお目当ては一応get出来たので
次なる目的地、クラークキーに向かいます。

クラークキーとは、シンガポール川の周辺に沢山のレストランやバー、
クラブ、カフェ等が立ち並ぶ、シンガポール最大の夜遊びスポットとして名高いエリアで
今日は6時から、ここにあるレストランで夕食の予約をしていました。

アラブストリートからタクシーで移動し、予約の時間までまだかなりあったので
適当に近くのショッピングセンターでおろしてもらって、
地下にあったスーパー(明治屋さんでした)でお土産など見つくろって過ごしました。
後で調べたら、Liang Court リャンコートという、
日系のお店が沢山入っているショッピングセンターのようで
確かにこの時も 子供の日フェア、的な日本のお祭りっぽい催しをやっていました。

買い物を終えてもまだ時間に余裕があったので、川沿いを散歩して時間をつぶし
6時に予約しておいたレストラン、JUMBOで夕食です。

IMG_2684.JPG
川沿いをぶらぶら~

ここの話はまた次回。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。