So-net無料ブログ作成

2014 GW 九州 その5 [旅]

さて、途中ちょっとしたハプニングに見舞われつつww、
無事に由布院の駅にたどり着いたのが5時ちょっと前。
ここからは宿の送迎車をお願いしてあり、人数の関係で2台に分かれて乗り込みます。

さすがGWまっただ中、駅前の通りはずっと先まですごい渋滞で、運転手さんによると
通常なら10分ほどで着くのだけれど、どれくらいかかるかわかりませんと言う話。
でも、しばらくまっすぐな道をのろのろ進んで(多分)県道との交差点を過ぎると
急に空いてきて、思ったほどはかからずに到着しました。

IMG_5207.JPG
本日のお宿はゆふいん月燈庵

IMG_5007.JPG IMG_5206.JPG
新緑に埋もれるように建つ母屋は古民家を移築したものだそう

中に入ると、左手に小さなフロントがありますが、その隣にある囲炉裏に通され
こちらでウェルカムドリンクを頂きながらチェックイン。

IMG_5065.JPG IMG_5009.JPG
左: 小さなフロント
右: おしぼりに添えられたお花、みんな違う種類でどれも素敵でした

IMG_5062.JPG
囲炉裏の向こうには緑の背景が美しいバーカウンターもありました

こちらの宿は全室離れという贅沢な造りで、母屋から客室へはつり橋を渡って行きます。
2棟予約しており、由布岳眺望の「文月」に両親と姉、Tちゃん、
スタンダードの「りんどう」に我々が泊まる事にしました。

IMG_5019.JPG IMG_5021.JPG
りんどう 部屋にはこたつが♪

IMG_5022.JPG
全室源泉かけ流しの露天風呂付き!

緑に囲まれ静謐な宿で上げ膳据え膳、気の向くままに温泉入り放題・・・ああなんと贅沢な。
もちろん大浴場もあり、仲居さんが淹れてくれたお茶を頂いた後
サッと大浴場でお風呂に入り、浴衣を着て母屋の食事処で夕飯です。

まずは子供用の料理。

IMG_5024.JPG IMG_5028.JPG
IMG_5046.JPG
すごいボリューム!

先に食べ終わって退屈していると、フロントのある場所で
DVDを見せてもらえるというので、お願いしました。
子供も飽きないし、大人もゆっくり食べられるし、ありがたいサービスですね。

こちらは大人用。

IMG_5029.JPG IMG_5030.JPG
左: 箸置きは敷地内で採ってきたというもみじ 
右: 前菜 ガラスの器にはこれも敷地内で採れるというクレソンのお浸し
 
IMG_5031.JPG IMG_5034.JPG
左: 真奈鰹サラダ仕立て
右: 車海老 手取りつみれ 清汁仕立て

IMG_5037.JPG IMG_5038.JPG
左: 本日の湊より
右: 耶馬渓地鶏鍋

IMG_5040.JPG IMG_5047.JPG
左: 豊後牛
右: 口直し

IMG_5048.JPG IMG_5049.JPG
左: 山菜飯朴葉巻き
右: 朴葉を開くとこんな感じ 
左写真、木杓子に隠れていますが手前の器に卵あんが入っていて
山菜飯の半分はそのまま、のこり半分はそのあんをかけて頂きます

IMG_5050.JPG
柑橘ゼリー

美味しいお料理、器がまたそれぞれ凝っていて素敵です。
薬味に添えられた自家製の柚子胡椒も(写真ないけど)辛味が強くて美味しかった。

たらふく飲んで食べて、お腹がはちきれそう。
本当は、夜子供達が寝たら母屋にあった素敵なバーでちょっと飲みたいね、
なんて言ってたのだけど、調子に乗ってワイン2本空けたらもう無理でした(笑)
と言う訳でこの日は終了~。


続きはまた!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。